トップページ > 埼玉県 > 桶川市

 

蜂を安全に安く駆除するには

以下の3つの方法があります。

 

1.自治体の無料駆除を利用する。

自治体によっては危険なスズメバチを無料で駆除している場合があります。

 

2.補助金を利用する

無料では駆除していない場合も駆除業者に支払った費用を補助している場合があります。

 

3.複数業者に見積もりをとる

無料駆除・補助金のどちらもない場合は駆除を業者に依頼することになります。

その場合、良い業者複数に見積もりをだしてもらい、価格を比較する必要があります。

 

当サイトでは自治体の対応状況・近辺の優良業者情報を掲載していますので参考にしてください。

 

 

桶川市:スズメバチ除去費用補助制度のご案内

 

1.補助金

 

桶川市はスズメバチの巣駆除に対する補助金を交付しています。

補助金の申請資格は以下のとおりです。

・市内に居住する建物を有し、当該建物またはその敷地内にある巣を除去するものであること。

(アパート・マンションなど集合住宅を除く)

・申請前に環境課へ連絡し、蜂の種類の確認作業を受ける必要があります。

・申請書兼報告書の提出先に巣の除去を業者に委託し、除去が完了していること。

・同一の方に対する補助金の交付は年一回限り

 

アシナガバチ・ミツバチは対象とならず、補助金の額はスズメバチを除去した費用の

2分の1(百円未満の端数切捨て)で、1万円が限度となります。

 

そのほかの詳細は桶川市環境課にお問い合わせください。

 

桶川市環境課

電話:048-786-3211

 

2.自治体による無料駆除

 

市では、個人住宅やその敷地内にできた蜂の巣の駆除は実施していません。

駆除に使用できる防護服の貸し出しをしているようです。

 

 

 

 

桶川市で庭木の中に営巣したスズメバチ駆除をいたしました。

蜂駆除屋さんの桶川市でのスズメバチ駆除の様子です。

 

 

・大量の水で傷口を洗い流す

 

 まずは蜂に刺された傷口を大量の水で洗い流してください。

蜂の針が残っている場合はピンセットなどを使用して除去してから洗い流してください。

洗い流す際は、傷口を指でつまみ、毒を絞り出すようにしましょう。

水で毒を洗い流しながら患部を冷やせば、腫れ・痛みを和らげることができます。

 

・薬を塗る

 

 水で洗い流したら、患部に保冷剤を当てて冷やすことを続けてください。

また、患部には抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏を塗ってください。

薬局で販売されている虫刺され軟膏に塩酸ジフェンヒドラミン・エスピナスチン塩酸塩などが

含まれていれば抗ヒスタミン剤がふくまれています。

 蜂に刺されたらアンモニアが効くので尿をかければいいという話を聞くことがありますが

効果はありませんので絶対にしないでください。腫れの進行・感染などの被害につながる場合もあります。

 

・病院に相談する

  以前に蜂に刺されたことがある方が、もう一度刺されてしまった場合、

呼吸困難や嘔吐、意識不明などの重篤なショック症状を起こす場合があります。

このような症状をアナフィラキシーショックといい、非常に危険な状態です。すぐに病院に相談してください。

ショックが起きなくても蜂に刺されたら、念のため病院には行ったほうがいいでしょう。 

 蜂に刺された場合、まずは皮膚科に相談をしましょう。

お住まいの地域の皮膚科がある病院は下記のとおりです。

 また、病院によっては日本アレルギー学会認定のアレルギー専門医や蜂毒アレルギーを診てくれる

お医者さんがいる病院があります。それらの病院は別途注釈をつけておきますので、参考にしてください。

 

医療法人壽照会 大谷記念病院

埼玉県桶川市加納2216

048-728-2411

 

伊藤医院

埼玉県桶川市寿1-14-12

048-771-1059

 

医療法人孝仁会 鈴木内科医院(日曜午前診療可)

埼玉県桶川市川田谷5815-5

048-787-3000

 

医療法人財団聖蹟会 埼玉県央病院

埼玉県桶川市坂田1726

048-776-0022

 

医療法人K.N.C 桶川日出谷診療所

埼玉県桶川市下日出谷西3丁目3-4

048-786-7715

 

医療法人社団徳治会 川田谷クリニック

埼玉県桶川市川田谷3560-2

048-787-2531

 

・アナフィラキシーショックの予防

 アナフィラキシーショックの症状が出た際に使用することで症状を緩和することのできる

補助治療薬(エピペン)があります。アナフィラキシーを根本的に治すわけではないので、使用後は

医師の診察が必要になります。

 エピペンに関しては下記のホームページに詳しい事が載っていますので参考にしてください。

 

アナフィラキシー補助治療剤 - アドレナリン自己注射薬 エピペン|ファイザー